読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸上狂技マガジン

駆け出しのスポーツライターです。スポーツに関して【DO(する)】【WATCH(観る)】【READ(読む)】という観点から備忘録として書いております。

【Watch】風景としてのスポーツ(メルボルン編)

2/8〜2/12にかけて、豪州・メルボルンに滞在した。

 

主目的は“NitroAthletics”(ニトロアスレチックス)観戦。

競技の詳細は後ほど本ブログか別途記事にて纏めたいと思うが、

いくつかのメディアや公式HPで紹介されている通り、陸上競技の国別対抗戦である。

 

実質的な滞在は4日間だが、うち2日間は半日競技観戦で、出来る事も限られてくる。

今回の空き時間は市街地散策に終始した。

 

日本とは四季が逆の為、現在は夏。

日中はカラッとした晴天が続いた。

 

豪州はスポーツ大国であり、公園や運動施設では、

老若男女、スポーツマン達が汗を流している。

 

何をしているのかといえば、3つが多数を占めていた。

 

クリケット

フットボール(ラグビ/オーストラリアン・フットボール

ランニング

 

散策中に遭遇したオーストラリアンフットボールの練習試合において、

ギャラリーの一人と話した限りでは、その他水泳やバスケットボールも盛んとの事。

自転車のロードレースにおいても豪州は実力者を多数輩出している(リッチー・ポート、マイケル・ロジャース等)が、ことメルボルンに関しては、本格的なロードバイクでトレーニングを行っている人は少ない様に見受けられた。

豪州の中でも、都市によってスポーツの分布が多少異なるのかもしれない。

 

そして何と言ってもクリケット

競技人口ではサッカーに次ぐ世界3位とも言われているという(諸説有)。

 16世紀の英国に起源を持つ為、本家英国と豪州以外ではインド、パキスタンバングラディシュ、スリランカ等、英連邦諸国で広くプレーされている。

 

メルボルンはMCG(MelbourneCricketGround)と呼ばれるスタジアムを擁している。

クリケットの聖地ともいうべき場所で、豪州国定遺産にも指定されている。

普段見慣れないスポーツという事もあり、行く先々でクリケットのゲームが目につく。

各々、白の上下に白帽という出で立ち。

プロリーグになるとスポンサーロゴのあしらわれたカラフルなユニフォームを纏うが、

本来のクリケットにおける“正装”はホワイト、である。

 

ふと気になった事は、これほどメジャーなスポーツにも関わらず、

自分が見たプレイヤー達はことごとく“服装が統一されている”という事だ。

あくまで私見ではあるが、世界的に裾野の広いスポーツは、

 

・規則がシンプル

・用具がシンプル

 

という二つの共通項を持っていると思う。

当然といえば当然なのかもしれないが、

規則がシンプルである事で競技人口が増えやすく、

用具がシンプルである事で金銭的な負担が少ない。

あるいは、用具がシンプルであれば、DIY(自作)を可能にし、

規則がシンプルである事で、審判役を務めやすい、という側面もあると思う。

 

その中において“服装”は、こだわる必要が無いという点で、

ある意味、ぜいたく品である。

であるからして、クリケットをプレーする“彼ら”が、

白で統一されたユニフォームを着ているという事は、

何を表しているのだろうか、と。

 

これが場所を跨げばまた様相も変わってくるのかもしれないが、

“そこに根を張っているスポーツは何か”という観点で国や地域を見てみる、

という事をライフワークの一つとしても面白いかもしれない、と感じた。

 

シンプルな規則と用具が裾野を広げ、その中から英雄が生まれ、熱狂が生まれる。

無論、かつての冒険国家が外海に進出する事で、

“娯楽としてのスポーツ”が根付いたという背景もあるのかもしれないが、

上記のサイクルは今も世界で回り続けていると思う。

 

流布→英雄→熱狂→流布・・・。

 

シンプルな循環の様に見えて、二つ目の段階が最も難関である。

 

例えば日本の陸上競技では、“英雄”が別のものに置き換わっている時もある様に思う。

 

それもまた、スポーツカルチャーにおける“進化論”の一説、なのかもしれない。

 

PS:メルボルン滞在中に撮影した写真を少々。

f:id:chuo7010:20170214032136j:plain

f:id:chuo7010:20170214032140j:plain

f:id:chuo7010:20170214032145j:plain

 

f:id:chuo7010:20170214032150j:plain

f:id:chuo7010:20170214032155j:plain

f:id:chuo7010:20170214032159j:plain

f:id:chuo7010:20170214032204j:plain

f:id:chuo7010:20170214032209j:plain

f:id:chuo7010:20170214032214j:plain

f:id:chuo7010:20170214032218j:plain

f:id:chuo7010:20170214032224j:plain

f:id:chuo7010:20170214032223j:plain

f:id:chuo7010:20170214032229j:plain

f:id:chuo7010:20170214032240j:plain